海外でも車を活用するための免許

海外に旅行や仕事などで長期間滞在する場合、その国でクルマが必要になることもあるでしょう。そのような場合は、渡航する国で通用するものに切り替えたり、渡航する国で新たに取得したり、あるいはまたジュネーブ条約加盟国においては国外運転免許証を取得するなどの手立てを講じる必要があります。

 

CD・DVD

渡航する国で通用するものに切り替えたり、新たに取得したりする場合は、詳しいことは渡航先の大使館に問い合わせて確認する必要があります。また、ジュネーブ条約加盟国は欧米各国をはじめ、アジア、アフリカ、オセアニアの国々など多数ありますが、こちらも確認しておくと安心です。なお、外国のものに切り替えた場合は、帰国後は日本のものに戻す必要があります。

 

 

 

ところで、海外でクルマを運転する場合は、日本と道路事情や交通ルールが違いますので細心の注意が必要です。たとえば、日本のように左側通行の国ではなく右側通行の国で運転する場合は、運転感覚が大きく違います。また、アメリカなどでは、赤信号でもクルマが来ないと判断したら走って良いので、びっくりしたり、後ろからクラクションを鳴らされたりということもあるかもしれません。また、万一のときのために、保険も補償内容のしっかりとしたものに加入していないと不安です。