‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

日本の運転免許証取得

2014/09/14

外国等で取得した運転免許証を日本で使えるものに切り替えるためには、試験場に行きます。東京都では、鮫洲試験場と府中試験場はどの国の免許証でも切り替えることができますが、江東試験場ではヨーロッパを中心とした25カ国+1地域の免許証のみが対象です。自分の持っている国が対象となるか、目当ての試験場に行く前に調べておくとよいでしょう。住んでいる住所によって試験場が限られます。東京の試験場は、都民のみが対象となります。

 
必要な持ち物は、有効な外国等の免許証、免許証の日本語翻訳文(駐日大使館又は日本自動車連盟(JAF)が作成したもの)、国内免許証(あれば)、本籍又は国籍記載の住民票、該当国に3ヶ月以上滞在した証明となるもの、写真です(縦3cm×横2.4cm)。対象者は、18歳以上(普通二輪16歳以上、中型免許20歳以上、大型免許21歳以上)、免許取得後その国に3ヶ月以上滞在していた人、一定の視力以上の人などです。書類の提出だけで切り替えができるわけではなく、知識確認と技術確認が必要です。

 
国内で免許を取ると高いから海外で取りたい、というのは、留学や現地に滞在予定の人はよいですが、旅行者では使えない方法といえます。

運転技能の確認(運転免許センター内コースを実際に走行)

2014/09/14

運転免許証を取得するとき大抵の人が教習所に通うでしょう。

 
教習所(自動車学校)では、県の公安委員会が公認である場合、運転免許センター内コースを実際に走行することなく免許取得となります。
通常の教習所の多くは指定教習所と呼ばれ、これは県が指定した教習所のことであり、一方で、指定外教習所は公安委員会に届け出はしているものの指定外です。

 
指定外教習所の場合、運転技能と適性検査、学科試験を受けてこれに合格しなければいけません。
通常の指定教習所を卒業すれば、そこでしっかりと教習を受けてから、仮免許を取得し、路上に出ると最後に実技試験を行い、合格すれば、あとは運転免許試験場で適性検査と筆記試験に合格すれば、即日免許取得となります。

 

 

免許取得にはこの2つの方法がありますが、指定教習所での取得者が多く、指定外教習所での取得者は全体の5%未満です。
ただ、指定教習所と指定外教習所の違いとして他には、大きく料金の違いがあるでしょう。

 
さらに短期間で取れるというメリットもあります。

 
しかし、指定教習所の場合、試験場に比べて試験の基準が低い点で合格しやすいということが言えるでしょう。
運転をしっかり学ぶには指定教習所の方が良いです。

 

交通規則の知識確認

2014/09/14

車を運転する人にとって最も大事なのは運転技術もさることながら、交通規則を守ることが最優先されます。

 
車を運転する人は、マイカーであろうと、業務用であろうと、プロであろうと、守らなければならないルールは全く同じです。違反すれば厳しい罰則が待っています。罰則はプロもアマも差別はありません。

テクノロジー06
ただ、アマの場合は、免許の更新時に簡単な講習がある程度ですが、プロの場合は定期的な講習があり、受講が義務付けられているものもあります。

 
業務用の車を5台以上所有している企業は、事業所内に安全運転管理者を置くことが義務付けられ、管理者になると、年1回開かれる法定講習に出席することが義務付けられています。一般のドライバーが公的な講習を受ける機会がないからといって、違反が免除されるということはありません。

 
交通ルールの基礎知識は、免許を取る際、自動車学校で交通法令をきちっと教え込まれますから、ある程度のことは分かります。ただ、交通ルールは毎年のように改正されたり、新しく加わったりするので注意が必要です。例えば、30年以上も前に免許をとった人はシートベルトの着用は、なんだか人ごとのように思えるかもしれませんが、シートベルトの着用は今では、知らなくてはならない重要な規則です。マイカーのみの運転手であっても、インターネットで最新の道路交通法をチェックするぐらいの心構えは必要です。

適性試験

2014/09/14

外国で利用していた免許証を国内で使えるようにするためには、免許センターへ行き手続きをする必要があります。

 

手続きの中では試験を行いますが、試験は主に3つの項目に分けることができます。その3つとは適性試験と知識確認と技能確認です。適性の試験では視力テストや色彩識別能力テストなど運転に関係する基本的なテストを行います。外国で運転をしていた人間であれば、問題なく通過できることでしょう。知識確認と技能確認では国内で運転するための知識と技能が備わっているのかをチェックします。外国の交通ルールと国内の交通ルールではかなり違うので、事前に予習をしておくと良いでしょう。ネットや雑誌には試験の攻略法が載っているため参考にすると良いでしょう。

 

 

以上の3つをクリアできれば国内でも運転をすることができます。例外はなく全員3つのチェックを受ける形になります。最初の適性の試験で不安があるようなら、眼鏡やコンタクトを新調しておくと良いでしょう。新調することで見え方が変わり運転しやすくなることがあります。知識と技能のチェックは繰り返し練習をするのが良いでしょう。練習した分だけ結果に結びついていきます。全部パスをして国内で運転をしましょう。

申請書類提出

2014/09/14

外国の運転免許証は、各都道府県の警察の運転免許センターで日本の運転免許証に切り替えることが出来ます。切り替えができるのは、外国の運転免許証を取得してからその国に3ヵ月以上滞在していた方で、その免許証が有効であることが条件となります。

 
なお、切り替えができる免許は第一種免許のみで切り替えには、運転免許試験が必要です。
一般的な手順は、まず申請のための書類を提出します。次に適性検査があり、交通規則の認知確認、運転技能確認、を経て日本の運転免許証を取得できます。

 
必要な書類は、まず、外国の運転免許証そのものとその免許証の翻訳文が必要です。この翻訳文は、当該国の行政庁、領事館、日本自動車連盟のいずれかで作成されたものに限ります。また、運転免許の取得状況が不明の場合、取得証明書の提出が求められることもあります。

 

 
次に免許証用の写真一枚を用意します。撮影後6ヵ月以内の縦3センチ、横2.4センチ、無帽、正面上三分身、無背景のものが必要です。

 
他には、パスポートこれは、所持している物すべてを提出します。これと、外国人登録証明書と登録原票記載事項証明書が必要となります。日本人である場合は、本籍地が記載されている住民票の写しを一通を用意します。
手続きの手間よりも書類の準備のほうが時間がかかるでしょう。テクノロジー04

運転免許センターでの外免切替の一般的な手順

2014/09/14

日本の自動車運転免許証を取得する方法は、自動車教習所や運転免許センターで試験を受けて取得するのが一般的ですが、外国の免許証を保有している場合には、一定の条件をクリアすれば日本の免許証に切り替えることができます。

 
一般に外免切替と呼ばれるもので、条件としては外国免許証が有効期限内であり、外国免許証取得日から通算で3ヶ月以上その国滞在したことが証明できることです。

 
切り替え業務を行っているのは、各都道府県警の運転免許センターで行っています。切り替えに必要な書類は、1.有効な外国免許証、2.取得国の大使館かJAFなどが作成してくれる外国免許証の日本語翻訳文、3.本籍記載の住民票の写しまたは外国人登録証明書など身分を証明できるもの、4.取得国での滞在期間を証明するための書類としてパスポートなど、5.写真(縦3cmx横2.4cm)の5点です。

 

 
運転免許センターでの手順としては、備え付けの申請書類に必要事項を記入し提出。その後、適正試験、交通規則の知識確認、運転技能の確認が行われます。このさい申請手数料が掛かりますが、不合格の場合には再び申請する必要があり、そのたびに料金を支払うことになります。なお、免除特例国であれば、適正試験のみで取得できます。全ての手続きが完了すれば、免許証交付手数料を支払い日本の免許証を取得することができます。

海外取得の免許を国内免許に書き換えるには

2014/09/14

外国で生活していて、日本で暮らすために帰国したときは、海外取得の免許を国内で有効なものに書き換える必要があります。手続きは、日本の住所の管轄にある警察の運転試験場センターで行います。切替を行うためには、外免が期限切れや免停でなく有効であることと、取得した日から通算で3ヵ月以上その国に滞在したことが証明できることが条件です。

 
運転試験場での書き換え手続きは、センターに備えてある申請書類を記入提出します。その後適性試験、交通規則の知識確認、センター内コースを実際に走行する技能試験を受けて、合格すると国内でも運転できるようになります。眼鏡の使用など、身体の障害により条件が付くこともあります。

 

国や地域によっては運転に必要な知識の確認や技能テストが免除されます。現在免除の対象になっているのは、アイスランド、アイルランド、イギリス、イタリア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド、ノルウェー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、モナコ、ルクセンブルク、台湾です。

テクノロジー03
書き換えのためには予約が必要な場合が多く、外免を日本語に訳した翻訳文や証明写真、手数料も必要なので、出かける前に必ず管轄の警察に問い合わせるようにしましょう。

免許が有効な国

2014/09/14

日本で運転免許をとった人が、海外に出かけて車を運転する場合は、国外運転免許証を取らなければなりません。これを取れば世界各国何処でも運転できるというわけではなく、道路交通に関する条約(ConventionOnRoadTraffic)に加盟している締結国に限られます。

 
加盟している国は、世界で95ヶ国、2行政地域です。これだけ加盟しているので一般的にはほぼ全世界で使えるといっても過言ではありません。

 
この条約は、世界各国で統一規則を定めることにより、国際道路交通の発達及び安全を促進する目的で1949年ジュネーブで作成され、1952年に発行しました。日本がこの条約に加盟したのは1964年です。日本は四方を海で囲まれているために外国に出かけない限りは問題ありませんが、アジア、中近東、アフリカ州ヨーロッパ州、アメリカ州などは国境があり道一つ隔てるとそこは他国という例が一般的です。このため、国境を超えて車が自由に出入りするためには、どうしても、国際運転免許証が必要になってきます。

 
日本でも戦後、国際的に活躍する人が増えビジネスマンなどは、この免許がないと動きが取れないことから、日本でも国外運転免許証が発行されるようになりました。日本でこの免許をとる場合は、運転免許証、パスポートなど海外へ渡航する証明書、写真などを添えて、運転免許試験場(運転免許センター)などへ申請する必要があります。

国際運転免許証とは

2014/08/04

国際運転免許証とは、外国で自動車を運転することを許可するものです。自国において有効な自動車運転免許証を、合わせて所持していることが条件になります。日本では、各都道府県の公安委員会が発行しており、免許センターや試験場などでは、即日交付も可能です。申請には、日本の運転免許証と写真、手数料、パスポートなど渡航を証明する書類が必要です。テクノロジー01

 
有効期限は発行から1年、更新の制度がないため、継続して使用したい場合には、期限切れの免許証を返納し、新たに免許証を発行することになります。この免許証は、日本の運転免許証の有効期限内でのみ使用可能です。

 
道路交通に関する条約は2つあり、1つはジュネーヴ条約、もう1つはウィーン条約です。日本が締結しているのは、ジュネーヴ条約だけですので、ジュネーヴ条約の加盟国でのみ、この免許証が有効になります。

 
海外のレンタカーを予約するサイトがあったり、ツアー会社などにレンタカーのカウンターが設置されていたり、最近は、日本と変わらない手続きで、簡単に海外のレンタカーを契約することができますが、交通ルールも異なる慣れない土地で、事故に巻き込まれたり、故障などのトラブルがあると大変です。渡航先の交通事情をよく確認し、安全運転で、楽しい旅を。