運転技能の確認(運転免許センター内コースを実際に走行)

運転免許証を取得するとき大抵の人が教習所に通うでしょう。

 
教習所(自動車学校)では、県の公安委員会が公認である場合、運転免許センター内コースを実際に走行することなく免許取得となります。
通常の教習所の多くは指定教習所と呼ばれ、これは県が指定した教習所のことであり、一方で、指定外教習所は公安委員会に届け出はしているものの指定外です。

 
指定外教習所の場合、運転技能と適性検査、学科試験を受けてこれに合格しなければいけません。
通常の指定教習所を卒業すれば、そこでしっかりと教習を受けてから、仮免許を取得し、路上に出ると最後に実技試験を行い、合格すれば、あとは運転免許試験場で適性検査と筆記試験に合格すれば、即日免許取得となります。

 

 

免許取得にはこの2つの方法がありますが、指定教習所での取得者が多く、指定外教習所での取得者は全体の5%未満です。
ただ、指定教習所と指定外教習所の違いとして他には、大きく料金の違いがあるでしょう。

 
さらに短期間で取れるというメリットもあります。

 
しかし、指定教習所の場合、試験場に比べて試験の基準が低い点で合格しやすいということが言えるでしょう。
運転をしっかり学ぶには指定教習所の方が良いです。

 

コメントは受け付けていません。