海外取得の免許を国内免許に書き換えるには

外国で生活していて、日本で暮らすために帰国したときは、海外取得の免許を国内で有効なものに書き換える必要があります。手続きは、日本の住所の管轄にある警察の運転試験場センターで行います。切替を行うためには、外免が期限切れや免停でなく有効であることと、取得した日から通算で3ヵ月以上その国に滞在したことが証明できることが条件です。

 
運転試験場での書き換え手続きは、センターに備えてある申請書類を記入提出します。その後適性試験、交通規則の知識確認、センター内コースを実際に走行する技能試験を受けて、合格すると国内でも運転できるようになります。眼鏡の使用など、身体の障害により条件が付くこともあります。

 

国や地域によっては運転に必要な知識の確認や技能テストが免除されます。現在免除の対象になっているのは、アイスランド、アイルランド、イギリス、イタリア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド、ノルウェー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、モナコ、ルクセンブルク、台湾です。

テクノロジー03
書き換えのためには予約が必要な場合が多く、外免を日本語に訳した翻訳文や証明写真、手数料も必要なので、出かける前に必ず管轄の警察に問い合わせるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。