国際運転免許証とは

国際運転免許証とは、外国で自動車を運転することを許可するものです。自国において有効な自動車運転免許証を、合わせて所持していることが条件になります。日本では、各都道府県の公安委員会が発行しており、免許センターや試験場などでは、即日交付も可能です。申請には、日本の運転免許証と写真、手数料、パスポートなど渡航を証明する書類が必要です。テクノロジー01

 
有効期限は発行から1年、更新の制度がないため、継続して使用したい場合には、期限切れの免許証を返納し、新たに免許証を発行することになります。この免許証は、日本の運転免許証の有効期限内でのみ使用可能です。

 
道路交通に関する条約は2つあり、1つはジュネーヴ条約、もう1つはウィーン条約です。日本が締結しているのは、ジュネーヴ条約だけですので、ジュネーヴ条約の加盟国でのみ、この免許証が有効になります。

 
海外のレンタカーを予約するサイトがあったり、ツアー会社などにレンタカーのカウンターが設置されていたり、最近は、日本と変わらない手続きで、簡単に海外のレンタカーを契約することができますが、交通ルールも異なる慣れない土地で、事故に巻き込まれたり、故障などのトラブルがあると大変です。渡航先の交通事情をよく確認し、安全運転で、楽しい旅を。

コメントは受け付けていません。