申請書類提出

外国の運転免許証は、各都道府県の警察の運転免許センターで日本の運転免許証に切り替えることが出来ます。切り替えができるのは、外国の運転免許証を取得してからその国に3ヵ月以上滞在していた方で、その免許証が有効であることが条件となります。

 
なお、切り替えができる免許は第一種免許のみで切り替えには、運転免許試験が必要です。
一般的な手順は、まず申請のための書類を提出します。次に適性検査があり、交通規則の認知確認、運転技能確認、を経て日本の運転免許証を取得できます。

 
必要な書類は、まず、外国の運転免許証そのものとその免許証の翻訳文が必要です。この翻訳文は、当該国の行政庁、領事館、日本自動車連盟のいずれかで作成されたものに限ります。また、運転免許の取得状況が不明の場合、取得証明書の提出が求められることもあります。

 

 
次に免許証用の写真一枚を用意します。撮影後6ヵ月以内の縦3センチ、横2.4センチ、無帽、正面上三分身、無背景のものが必要です。

 
他には、パスポートこれは、所持している物すべてを提出します。これと、外国人登録証明書と登録原票記載事項証明書が必要となります。日本人である場合は、本籍地が記載されている住民票の写しを一通を用意します。
手続きの手間よりも書類の準備のほうが時間がかかるでしょう。テクノロジー04

コメントは受け付けていません。