適性試験

外国で利用していた免許証を国内で使えるようにするためには、免許センターへ行き手続きをする必要があります。

 

手続きの中では試験を行いますが、試験は主に3つの項目に分けることができます。その3つとは適性試験と知識確認と技能確認です。適性の試験では視力テストや色彩識別能力テストなど運転に関係する基本的なテストを行います。外国で運転をしていた人間であれば、問題なく通過できることでしょう。知識確認と技能確認では国内で運転するための知識と技能が備わっているのかをチェックします。外国の交通ルールと国内の交通ルールではかなり違うので、事前に予習をしておくと良いでしょう。ネットや雑誌には試験の攻略法が載っているため参考にすると良いでしょう。

 

 

以上の3つをクリアできれば国内でも運転をすることができます。例外はなく全員3つのチェックを受ける形になります。最初の適性の試験で不安があるようなら、眼鏡やコンタクトを新調しておくと良いでしょう。新調することで見え方が変わり運転しやすくなることがあります。知識と技能のチェックは繰り返し練習をするのが良いでしょう。練習した分だけ結果に結びついていきます。全部パスをして国内で運転をしましょう。

コメントは受け付けていません。